BOX



コツ、コツ、コツ



突然、靴音が聞こえてきた。



音がほとんどしない、静かな空間にその靴音はよく響く。



私はゆっくりと首を動かし、靴音がする方へ顔を向けた。



この部屋は、真っ白だなぁ…

扉は顔を向けているその方向には見当たらない。ただの白い壁が佇んでいるだけ。


そこに1人、男性が歩いて近づいてくる。

その男性も、真っ白だった。
髪色はくすんだ金色で、真っ白なタキシードを着た長身の人。



私は気怠さを感じながらもゆっくりと唇を動かした。



「あな、たは…誰?」




0
  • しおりをはさむ
  • 574
  • 120
/ 471ページ
このページを編集する