BOX

:
:
:
:
:
:
:








今日は、亜三くんの家で食事をする予定が入っていた。


私のピアノコンクール優勝をお祝いしてくれると言ってくれたから。


パパとママは、その日別の用事があり、亜三くんのお家の前で別れることになっていたけれど。

パパは挨拶だけしたいと言って、家族3人で大きな家の門を潜っていた。


呼び鈴をパパが鳴らす。


そして、その大きな扉がゆっくりと開かれた。


そこには優しそうな顔をしたおじさんが立っていた。


「你来了!(いらっしゃい!)…よく来たね。」


彼は、中国で働いているお医者様の長谷川さん。

私の感染症の疑いがあった時、検査の時に通訳も兼ねて携わってくれたおじさんだった。


彼は、身寄りのない亜三くんをか快く引き取ってくれたこともあり、あの日から数年経った今でも私たち家族との交流があった。



「長谷川さん、今日は娘のためにありがとう。」


「いやいや、君と僕の仲じゃないか。」

2人は堅い握手を交わしながら、熱く語っている。

…そういえば最近2人の仲がやけに良いなぁと思っていると、



「パパの病院設立計画に長谷川さんも協力してくれてるのよ。しかも無償でね。」


ママはこそっと小声で教えてくれた。


…そうなんだ。
長谷川さんって、素晴らしい人なんだなぁ。


私が尊敬の眼差しで長谷川さんを見ていると、私の視線に気付いた彼は私へ微笑んで来た。


「エリちゃん、またまた優勝おめでとう!さすが天才と名高いピアニストだ。

亜美が君に会いたくてうずうずしてたよ。中でご馳走を食べようね。」



「はい!今日はありがとうございます。」

人と話すことが苦手な私でも、自然と笑みを浮かべながら、元気よく挨拶できた。





…だって、数ヶ月ぶりに、好きな人に会えるもの。






0
  • しおりをはさむ
  • 574
  • 120
/ 471ページ
このページを編集する