氷晶哀歌Ⅱ 【完】

如月
恋愛 350ページ(完結) 209595字 更新日 2017/07/25 読者 291198人 公開 0 0

変わってしまったのはいつからだろう


あたしたちは同じ顔で
同じ容姿で
性格だって似ていたはず




明るくて優しい姉

無愛想で地味なあたし 



いつの間にかあたしは独りになった


姉の周りにはつねに笑顔が溢れていた



それでも何にも期待しなかったのに





だけど、本当は






“あたし”だけを見てくれる人を、待っていた





     「……もう、終わりにしよう」



        「絶対に許さない」





       「これでさよなら、だよ」





       こんな再会も、お別れも



      一体誰が望んでいただろうか?




     



    棟二年 孤高の少女 氷月 凛恋

         ×

    棟の王 広瀬 涙






   正反対の双子姉妹


                不幸な男達
    


      ─偽りと真実は紙一重─





Is it escaped from this darkness…?

.
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 363
  • 1500
このページを編集する