熱いカラダ【完】







そして私は知らなかった。
ファストフード店で、ミサさんがメールを送ってきた3分後、
再度ミサさんからメールが来ていたことを。



【けど、相沢君の耳裏に息なんてかけたら、
仕返しが怖いからね】



そんな、ミサさんの「注意」を知ったのは、
ミナトに抱かれた後の、
日にちが変わった翌日のことであった――……。


結局この日の私とミナトは、ミサさんに転がされたと
いっても過言ではないのであろう――……。







―「ある女の存在」-
END







0
  • しおりをはさむ
  • 1553
  • 718
/ 424ページ
このページを編集する