熱いカラダ【完】

PM9:30「俺の葛藤」






俺はミユを抱いている時思うことがある。



きっと、ミユには一生“分からない”って。



抱くたびに、その思いは俺の中で増していく。
ミユは絶対に行為中に俺の名前を呼ぼうとしない。


俺は何度も何度も呼ぶのに、ミユは呼んでくれない。
それを意図的にしているのか、分からないけれども。
俺は素直に呼んでほしいって思う。


そして、俺の思いに気づいてほしいと思う反面、気づいてほしくないなんて思う。


そんな俺の中で生まれる矛盾をいつも生み出すのは紛れもなく俺の腕の中で寝ているミユである。


0
  • しおりをはさむ
  • 1555
  • 719
/ 424ページ
このページを編集する