熱いカラダ【完】

はい、ここで終えるかと思った方挙手!、というのは冗談ですが、作者の意向で『おまけ』を追加したいと思います。


読みたい方がいるかどうかは別として、書いていきます。
よかったら読んでくださいね。


プラス、修正も未だ済んでいないので『加筆』もしたいと思っています!
誤字・脱字、よかったらお知らせくださいませ。


『おまけ』については、日々更新していきますね。
その後の2人など更新していけたら嬉しいです。


それでは次ページからおまけスタートです!
※かなりの甘々予定です。
アイポリスに引っかからない程度のギリギリのエロさを保っていきたいと思っています!


~履歴~


加筆

過去「電車の彼女」

おまけ

「1か月の記念」

「ホテルでの甘い時間」

「ある男の存在」

「ある女の存在」

「電話」

「身体を重ねないワケ」

「アキタロウの質問」

「彼女がオカしいワケ」

「彼女の元カレ」(完全完結後こっそり追加)

「彼と彼女のシアワセ」


~番外編(みたいな)~

「純愛クライシス」
プレイボーイことナギサくんの過去のお話。

次回作はアキタロウかサクヤかな、なんて目論見中。

0
  • しおりをはさむ
  • 1553
  • 718
/ 424ページ
このページを編集する