熱いカラダ【完】

「1か月の記念」



私とミナトがまともな“恋人”という関係になってから1か月経った日。


それは恋人達の間では騒がれたりもする――、所謂1か月記念日、らしく。


その日ばかりはどんな恋人達でも、いつもよりも甘い時間が流れたりする。
そして、例外もなく私とミナトもそうらしい――。


既に仕事を切り上げた私は、携帯を片手にミナトへとメールを打っていた。


【いつになったら仕事終わるの?】


どうやら、元々私はメールに絵文字を使う人間ではないらしく、どうも文章は冷たくなってしまう。

けれどそれは、

【まだ終わらない。もう少し待っててくれ】

ミナトも一緒らしい。


ミナトも私へのメールに1度も絵文字を使ったことがない。
そんな事を思いながらも、私はまたメールを打っていく。


そして、数通ミナトとメールを交わしていく。

0
  • しおりをはさむ
  • 1551
  • 717
/ 424ページ
このページを編集する