好きの関係は人それぞれ

反抗 /ーSide 龍牙ー


【小松様が居酒屋へ向かいました】


そんな連絡を受けて、今日は動きがあったらすぐに伝えろ。と言っておいたことを正解だと思った。



友達と飲みに行きたい。

なんて言い出して、あんなに必死だったのにすぐに諦めたことに違和感を覚えていた。



愛菜はもう俺は今日の事なんてすっかり忘れてるとでも思っていただろうが



「甘ぇよ」




俺は残りの仕事を放置して、連絡のあった居酒屋まで車を走らせた。

0
  • しおりをはさむ
  • 727
  • 721
/ 252ページ
このページを編集する