好きの関係は人それぞれ

新しい生活、新しい関係 /―Side 愛菜―



「「いらっしゃいませー!あ、社長。お疲れ様です」」


新しいカフェでの仕事も、実家を出た1人暮らしもだいぶ慣れてきた頃。


「愛菜。飯行くぞ。店長こいつこのまま直帰させる」


ちょこちょこカフェに様子を見に来ては私を呼びつける彼、真木さんの職権乱用は凄まじい。


最初の頃こそ、そんなことしていいんですか?と聞いたこともあったが

「あ?社長の付き添いが今日の仕事」

なんて言葉に加えて”従わなければ減給”と言われたから、もはや私に選択肢はない。


店長も他のスタッフもこれに関しては諦めているようで、いつも”頑張ってー”と笑って、


……なんなら爆笑されて送り出される。



何を頑張れと言うんだ。

そもそも真木さんはなんで私にこんなに構うんだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 724
  • 717
/ 252ページ
このページを編集する