よみや高校怪奇倶楽部〜こわがりな先輩と最強守護霊憑いているちゃん〜

第一話 ひとり多い /その壱

 怪談とは、怖さや怪しさを感じさせる、化け物や幽霊の出てくる話のことだ。
 人間の多くがそういった話を好むため、怪談が廃れることはない。
 古くから語り継がれている怪談といえば、四谷怪談や皿屋敷などがあるだろう。もう少し現代よりのものなら口裂け女や人面犬、トイレの花子さんなんてものもある。
 それらは多くの人間の口を経て語り継がれてきたため、少しずつ形を変え、時には別の話と組み合わされたり違うオチをつけられたりすることによって、たくさんの類話や進化した話を残してきた。
 それだけでなく、日々新たな怪談は生み出されている。

 怪談が生まれやすい場所というものもある。
 学校は、そのうちのひとつだ。
 人々の生活圏にありながら、ちょっと外界から隔絶された雰囲気があるからだろう。
 怪談が生まれるのには、雰囲気が大切だ。“何かがいそう・ありそう”と感じる、心の隙。わずかな恐怖や違和感。そういったものが必要になるから、新しい学校よりも古い学校のほうが怪談が生まれやすいといえる。

 ■県■市にある夜宮高校も、そんな学校のひとつだ。
 もうすぐ創立百周年を迎えるという、伝統ある学校である。旧制中学校を前身としており、戦後の学制改革により■県立夜宮高等学校となった。
 市街地へは電車で三十分もあれば着くという、郊外でありながら田舎過ぎないという好立地にある学校で、そのためこの地域の中ではそこそこの偏差値の高さを誇る進学校だ。
 前身が旧制中学校というだけあって、校舎はとにかく古い。当然百年前からの校舎をそのまま使っているわけではなく、建て替えや移転、増築は繰り返されているが、新設校と比べればかなり年季が入っている。
 そのため、些細なものとはいえ怖い話や不思議な話というのが数多く存在していた。“学校の七不思議”などと体系化されるようなものではないものの、ちょっとした噂話として先輩から後輩へ、それからまた下の学年へと伝播されていくものとして。
 そういった土壌があったせいか、この学校の生徒たちは普通よりもオカルトへの関心が高いといえる。
 そのため、軽率に怪しいもの――怪異に近づいたり引き寄せたりしてしまう生徒も、少なからずいるのだ。

  • しおりをはさむ
  • 26
  • 1
/ 59ページ
このページを編集する