龍と華の記憶 -想-【完】

noir
恋愛 567ページ(完結) 297149字 更新日 2019/07/07 読者 96512人 公開 0 0




悲しき過去に立ち向かう時

其々の想いが交差する


「・・・もう逃げたくない」

「お願いだから・・・消えないでっ・・・」



「帝の想いを汚すなよっ」

「・・・俺にはどうしたらいいのか分かんねぇ」

「俺達は二人の力になれるのか・・・」




大きな変化が訪れるのは

何時だって凍えるくらいに寒い日だった







*龍と華の記憶-集-の続きのお話です。そちらを読まれてから本作品を読まれることをオススメします
*この作品には非現実的要素が含まれます。リアルを求める方にはオススメできません
*この作品は未成年者の飲酒や暴力行為を助長するものではありません
*誹謗中傷・盗作等の迷惑行為は受け付けませんので、予めご了承ください
  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 224
  • 1425
このページを編集する