桃の花が咲く季節〈下〉【完】

第4章『立葵』 /たった一人の友達



葵side










もう友達なんていらない。










そう思っていた空っぽの俺に大切なものを与えてくれたのはあなただった。











  • しおりをはさむ
  • 79
  • 1214
/ 379ページ
このページを編集する