ある日のふたり。[完]修正中




だめだ、全く頭が働かないや






そのまま吸い寄せられるように社長さんの隣まで移動してて…







「……みやこ眠い…の…だから…手つないでて?」








「……」








「……だ、め?」









あぁ、みやってばとんでもないことやっちゃったかもしれない












後悔の嵐に陥りながらも手を握り返してくれたこの人の暖かさに安心して夢の中へ入った









0
  • しおりをはさむ
  • 98
  • 1829
/ 287ページ
このページを編集する