ある日のふたり。[完]修正中

「…あんな事言うから柄にもなく焦った。いい歳してお前がいないと駄目なのは俺の方かもな」




そらくんが珍しく弱気だ…





久しぶりにみたかもしれない







「そらくん、みやはずーっとそらくんと一緒にいるから安心して!嫌って言っても離してあげないんだからねっ!」





「あぁ。望むところだ。」





こうして一波乱?あったそらくんのお母さんとお父さんへの挨拶が終わって無事?ラブラブ生活へ戻れそうです。










「そらくん!」


「ん?」


「挨拶ちゃんと終わったからデートね?約束したでしょ?」

「あぁ。みやのご希望に応えるよ?」

「ん〜ふふふ、じゃあお家デートね!」


「そうだと思ったけどな」


今日もそらくんはみやちゃんに甘々です。




to be continued……

0
  • しおりをはさむ
  • 98
  • 1829
/ 287ページ
このページを編集する