ある日のふたり。[完]修正中

ある日のふたり


結婚1年目。



昨日の夜疲れさせてしまったせいで珍しく未だぐっすり眠る彼女





結婚して1年経っても出会った時と変わらず可愛い




彼女は俺に毎日好きと言ってくる。





でも俺はその倍、彼女が知らないくらい好きな自信がある。






…なんて絶対に本人には言ってあげないけど





「…ん…。そ…らくん?」





「おはよ。
今日は午後から晴れるんだって。休みだからどこか行く?」






「…お家デートしよ?そらくん独り占めしちゃダメ?」




ほらね?可愛いでしょ。









でもねあげないよ?俺のだから。






fin

0
  • しおりをはさむ
  • 98
  • 1837
/ 287ページ
このページを編集する