きみは誰にも渡さない[完]






「はい」






「付き合ってくれない?」








「はい??」








「僕の、恋人になって?」








「仕事をしてください」










結局僕はこの後美香ちゃんに告白し続けて3回も振られたんだけどね。










これが僕と美香ちゃんの始まり。









…to be continued…




0
  • しおりをはさむ
  • 337
  • 1828
/ 121ページ
このページを編集する