きみは誰にも渡さない[完]

title 5 /僕の美香ちゃんVS美香ちゃんの弟



side 美香






宏人の車で今までの寝不足を取り戻すかのようにぐっすり寝た







起こされてやっと家に入る







それでもどうしても眠い







「宏人…ごめん、眠過ぎて限界だからベッド貸して。ちゃんと夕飯までには起きるし作ってあげるから」







「どうせそんな調子じゃ寝れてないんでしょ?気が済むまで寝てきていいよ」






できる弟を持って本当によかった。








そして気にもせず弟のベッドに着くとスっと意識が遠のいた






0
  • しおりをはさむ
  • 337
  • 1822
/ 121ページ
このページを編集する