死なない少女は妖の名を問う(弐)【完】

よん。 /似てるから

沖蛇さん









────目が覚めた時、
アルコールの匂いがした。



あの後、気絶してしまったらしく、
そのまま保健室に運ばれたらしい。



痛む体に鞭入れて、体を起こす。



「……あ、」



寝ている小春ちゃんがいた。椅子に座って、ベッドに顔を突っ伏して寝ている。




…一瞬、ほんと一瞬だけど姉貴に見えた。




寝息を立てる小春ちゃんの髪に触れる。



ここで俺が起きるの待ってたのかな?




  • しおりをはさむ
  • 534
  • 478
/ 402ページ
このページを編集する