死なない少女は妖の名を問う(弐)【完】


ガシッと掴まれましたわたしの頭。



「一体何人分の衣装を作る気だ?あ゛あ?」

「あだだだだだだだだ」



きっとあの有名アニメにある、げんこつぐりぐりはこれぐらい痛いんだろう。……それよりもこっちの方が痛いと思われ。


さんちゃんの左手(利き手は右なんだよ☆)に掴まれて、こめかみに当てられた親指と小指が徐々に力が強くなっていく。



「いっ…でぇええええ‼」


「いいか、巳神楽。次はその首をねじ取る…いいな?」


「お、おお⁉ねじ取るってなによぉ‼それアカン‼絶対ダメ‼」


「じゃあするなって言ってるんですよ。聞き取れませんか?巳神楽小春」


「わが…分かったあ‼…あでえぇぇ‼」



0
  • しおりをはさむ
  • 531
  • 476
/ 402ページ
このページを編集する