【完結】にゃんだふる恋愛主義

最終章 /欲しがる勇気




―――どこをどう走ったのか、分からない。


家を飛び出したあたしは

とにかくがむしゃらに、住宅街を走った。


雨が、落ちてくる。

肌を叩く。


湿っぽさで喉が張り付く。

上手に呼吸が、出来ない。



「―――」



ぐっと顔を伏せたまま、

走って、走って。


気が付いた時、あたしは

いつもの例の公園へ辿り着いていた。


雨に濡れる公園は、寂しくて

しおれる敷地内には、相変わらず人気は無い。


雨が、少しずつ強くなる。

あたしは、静かに空を仰いだ。

0
  • しおりをはさむ
  • 4435
  • 819
/ 468ページ
このページを編集する