【完結】にゃんだふる恋愛主義

第一章 /飼い主の住処




―――……




「はいっ、入って」



そう開かれた扉の向こうには

何だかオシャレなマンションの1室。


玄関にのそりと上がり込むと

フローリングから微かに新築の香り。



「誰もいないから」

「……独り暮らしなの?」



中の様子、うかがいながら廊下を歩むあたしに

「大人ですから」彼はふわりと微笑んでサンダルを脱ぎ捨てる。

0
  • しおりをはさむ
  • 4435
  • 819
/ 468ページ
このページを編集する