Tokyo Lovers Metro

ガバっとドアが開かれて、大野さんがさっさと中に入ってきた。

グレーのVネックのロンTにジーンズ姿の大野さんは、普段のスーツ姿よりも幼く見える。
髪もセットされてないからかな…

そんなことを思いながら、後ろから着いていく。

「おまえ、本当に髪ボサボサ」

ククっと笑って、当り前のようにソファーに座っている。

「どうしたんですか?」

「…ドライブしてた」

こんな朝早い時間に?
逗子から?

たぶん普通に計算して4時間くらいかかるんじゃないだろうか…

ってことは何時に出たの?

「はい、メロン。どうせなんも食べてないんだろう?」

そう言えば、昨日から何も食べていないことに気づいた。

でも、食欲も湧かない…


「もらいものだから気にすんな」

「ありがとうございます」

なんだかわからないうちに受け取ってしまった。


「あとこれも」

渡されたのは紙袋に入ったたくさんのパン。

焼きたてのいい匂いがする。

「俺、コーヒーね」

「え?」

大野さんはソファーにごろりと横になっている。

「食べるんですか?」

「それ一人で食う気?」

逆に聞かれてしまった。

一人で食べるには多すぎる量が入っていた。

私が好きなフランスパン系もある。

…食べたくなってきた…

  • しおりをはさむ
  • 100
  • 177
/ 366ページ
このページを編集する