Tokyo Lovers Metro

やることないから給湯室の片づけでもしていた私が呼ばれたのは、もうお昼近くだった。


新4課は、元会議室だったとは思えないくらい立派なオフィスになっていた。

端には商談用の応接セットまで置いてある。


軽くチーム分けがされた。

中川の兄さんと森田さんはどう見てもシステム担当。

あとが営業担当。
当初は大野さんと戸田君、もしくは私。
それと麻紀さんとその残り、という風に2つのチームに分けると大野さんが言ったけど、
「えー。チームに分ける必要あるかな?」
という麻紀さんの一言でチーム分けはやめられた。



「ではお昼にしましょうか?」

大野さんが仕切ったのはそれくらい。


  • しおりをはさむ
  • 100
  • 177
/ 366ページ
このページを編集する