Tokyo Lovers Metro

私ははると君のところに走って戻った。

はると君の手を引いて、私たちはすべり台まで走って行った。

後ろでお母さんたちの声がする。

「真帆ちゃんが帰るまで自分も帰らないってきかないんですよ」

「まぁ。すみません」

「いえいえ。
先日はうちの息子が真帆ちゃんにおにぎりもらったそうで、どうもありがとうございました」

「こちらこそ」

「そのおにぎりがとても美味しかったらしくて、同じように作ってって言われたんですけど、うちの梅干は食べないんですよ」

「そうなんですか。うちの娘も私の漬けた梅干しか食べれないですよ」

「梅干はご自分で?」

「ええ。昔から好きで…よかったら今度お持ちしましょうか?」

「まぁ、ありがとうございます」

その間、私たちは追いかけっこをするようにすべり台をすべって笑っていた。

「真帆~。帰るよ」

「イヤー。まだ帰らない」

「はるとも、そろそろ帰らないと…」

「えー」

お母さんたちが笑っている。

はると君も嬉しそうだった。

私も大声で笑っていた…


*****

  • しおりをはさむ
  • 100
  • 177
/ 366ページ
このページを編集する