Tokyo Lovers Metro

「そんなくだらないこと言うなら、あとは戸田一人でやれ。俺は上を手伝う。行くぞ佐々木」

そう言うと大野さんはさっさとダンボールを運んでスーツを掴んで出て行った。


「えー。大野さん。マジっすか」

置いてけぼりの戸田君は、ニヤニヤ笑っている。


「じゃ。上で待ってるね」

私も大野さんの後を追った。



「良かったんですか?」

大野さんと二人きりのエレベーターの中で聞いてみた。

「あー。あと二箱くらいだからな」

そう言って大野さんはニヤリと笑っていた。
本当に楽しそうだ。
大野さんがハンカチで汗を拭う。
二人きりのエレベーターはお互い何も話さずあっという間に3階に着いた。


大野さんと私がオフィスに戻ってからそう時間はかからずに、口を尖らせながら戸田君も戻ってきた。



オフィスではみんなが南主任のデスクに集まっている。

「じゃあそれは浜松工場なんだな」

「おそらくそうだと思います」

主任とチーフが古いサンプル帳を指差している。

「どうしたの?」

近くにいた沙也香ちゃんに聞いてみた。

「今は廃盤になっているウッドシリーズの在庫がどこかにあるはずだとチーフが思いだして…」

そういえば聞いたことがある。

デザインはいいけどその時代に合わなくて、たくさんの在庫を抱えたまま廃盤になった商品だ。


  • しおりをはさむ
  • 100
  • 177
/ 366ページ
このページを編集する