貴方ノ隣 Ⅰ 【完】

Ⅵ≫別れ?





―――――…




何時だろう。



その後、ひたすらベッドの上でボーっとしてた私。



置時計を見ると、七時半を指していた。






――…ガチャ



「お、凜。」



寝室を出ると、椎がソファに寝転がってた。


0
  • しおりをはさむ
  • 487
  • 1104
/ 328ページ
このページを編集する