貴方ノ隣 Ⅰ 【完】

Ⅷ≫好き。








好き、と口に出すことで何か変わることがあるのか、と言われると、特に外面的に変わったことはない。


ただ、気持ちはまっすぐ琉衣に向くようになった。





そんなときだった。
美紅から琉衣の最新の情報を聞いたのは。


「琉衣さん、最近繁華街に毎晩来てるらしいよ」


「繁華街?」

「そう」

繁華街と言えば、鳳凰高校の近くだ。

色んなお店があるから、こっちに住んでた時から何度か買い物に行ったことがある。


「…でも、“夜の”繁華街だからね…」

「…そだね」


0
  • しおりをはさむ
  • 489
  • 1109
/ 328ページ
このページを編集する