faveur ~寵愛~ Ⅰ 【完】

Ⅰ /巡合









今、目の前はざっと200を超えるであろう男の集団。



――――…… その中心にいるのが、あたし。

―――――――… そして、男の集団の前に立ち、あたしを取り囲む男が三人。





こうなったのは、さかのぼることわずか一時間前だろうか。







0
  • しおりをはさむ
  • 262
  • 1103
/ 341ページ
このページを編集する