faveur ~寵愛~ Ⅰ 【完】

Ⅲ /本気





――――――………



「んん………」


まだあたしの上にある重み。


……今日は何曜日だっけ……



くるっと反転して広登のほうを見てみる。



相変わらず綺麗な顔。


とりあえずここから抜け出そうと体を捩ったその時。



―――――……ガチャ…


「あ、…おはよう、美優菜ちゃん」


0
  • しおりをはさむ
  • 262
  • 1103
/ 341ページ
このページを編集する