faveur ~寵愛~ Ⅰ 【完】

Ⅳ /裏切




―――――――――……




ハジメテを仁哉にささげた翌日。


いつものごとく仁哉はいなかった。



ベッドには赤い血。


あたしの血。




ベッドの上でボウッと染まったシーツを見つめていた。



―――……ガチャ




「起きてんのか」




入ってきたのは、…アキト。



何も身に着けていなかったから、シーツをグッと体に引き寄せる。



0
  • しおりをはさむ
  • 262
  • 1102
/ 341ページ
このページを編集する