闇夜に咲く鬼灯(06/19 act8最終章突入。646頁まで)

ヒカル+まりい 純文学・シリアス
646ページ(連載中) 329851字 更新日 2018/06/22 読者 52101人 公開 0 0


この街は いつも
嘘であふれている

偽りを身にまとい
生きている

だけれども
そんな鬼灯のような人間だって
大事にしたいものがある

周りからみれば
ちっぽけな存在だろうと

それを守るためには
地位も名誉も
クソッタレなプライドも
全部棄てて

今夜も 鬼灯になる

その存在のためになら
喜んで 鬼灯になる

ed9a84g6fb5245c2%2F8b572e62a055-M.jpg

鬼灯(ほおずき)の花言葉
偽り、ごまかし

未成年の飲酒喫煙は法律により禁止されています。


恋愛の醍醐味を詰め込んだ番外編
LOVE LOVE LOVE

ガールズトークやコメディタッチなお話まで
バラエティに富んだ番外編
カラフル〜イロトリドリノハナシ〜


アンケート
コメントの返信はこちら
レビューのお返事も↑


  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 1186
  • 628
 
このページを編集する