虚構の倫理 II【完】

鈴原夏夜乃 恋愛
390ページ(完結) 83682字 更新日 2018/04/02 読者 61253人 公開 0 0




約束したんだ。

お互いがお互いを守るために

何があっても決して離れないようにと。






ee10c2f700f17eaa%2F49e7808a72b3-M.png






友達じゃない。
家族でも無ければ恋人でもない。

俺の幼馴染は素直じゃないけど可愛い。
俺の願いならなんでも聞いてくれる。



「紫苑、ごめんね」



けれど俺の本当の願いを君は知らない。









※画像はあおいさん(@Actll9a)から頂きました。
※“虚構の倫理 I”の続きです。

【Thanks】るんぴぴちゃん様、あおい様、R様、うり様、みみみ様、ひよこ様、なな様、あーりい様、Aimer.様、わたがし様





  • 作品を読む
  • しおりをはさむ
作品タグ:

作品タグ編集(最大10件)

  • 711
  • 2168
 
このページを編集する