コタエナイトイ (完)

第五幕 /[レイプの常習犯]





麻斗の後ろをつける。





って、これ犯罪じゃない!?




という事に気づいたのは、既に目的地と思われる、住宅地近くの内科病院に着いた時。




彼はその駐車場でケータイをいじる。






誰かと待ち合わせ?






その答えは、10分後に分かった。





遠くから、女の子が歩いてくる。




黒い半袖パーカーをゆるく着て中に紫のノースリーブを着て、ショートパンツとニーハイソックスをはいた女の子。

パーカーの前ファスナーはほとんど閉められていなくて、歩く動きにあわせて時々肩が見えている。



でも脱げないのは、フードをかぶっていて、なおかつポケットに両手を突っ込んでいるから。





あの子だ、とすぐにわかる。



何度か私に、謎の言葉を残した女の子。


0
  • しおりをはさむ
  • 12
  • 3345
/ 436ページ
このページを編集する