天使を殺したあたしは。(完)

第三幕 /ごほうび






──もらった地図に書かれた住所をスマホで調べて、より詳しい道順を検索して、何度も何度も、自宅からの道順を頭の中に叩き込んでから眠った。


けれど、朝(といっても10時)に起きて、ある問題にぶち当たった。






「何時に行けば良いの?」



そう。「おいで」とは言われたけど「何時に」なんて言われてない。夜が良いの? それともお昼の明るいうちが良いの?

どうしよう……。



なぁんて思いながらも、念入りに化粧して、何度も髪の毛にブラシを通した。

璃都さんに会うんだもの。原付に乗って乱れるかもしれないけど……可愛く在りたい。




なぁんて、"らしく"ないっての。

って思いながらもやめられないんだから、あたしはとっくに彼にオチてる。





0
  • しおりをはさむ
  • 196
  • 3275
/ 598ページ
このページを編集する