天使を殺したあたしは。(完)

第二幕 /聖夜





美星街に帰る頃には、空はすっかりオレンジ掛かっていて、恋人達の甘い時間の始まりを告げていた。

なんてったって今日は聖夜。街はカップルで溢れている。





ああ、両親との約束の時間が遅かったせいで、ずいぶん遅い帰りになってしまった。







なんて思いながら、はぁ、と息を吐いて空を見上げる。





晴れて澄み渡った空。ホワイトクリスマスにはなりそうもない。












菜月はいつものようにコンビニにたむろしているのだろうか。それともクラブか何かのクリスマス会に行っているのかな……。









璃都さんは……きっと、今日はどこかの可愛い彼女と会っているに違いない。あんな素敵な人だもの。今日は予定あるに決まっている。

会えるわけない。







0
  • しおりをはさむ
  • 196
  • 3288
/ 598ページ
このページを編集する