Help Ⅳ(完)

第十五幕:追い詰められた心 /逃亡





『太陽』の2番手である真雪くんが殺られたことで開かれた緊急会議では当然のようにローラー作戦が練られた。



真雪くんは意識がなくなるまで殴られ、残念ながら数日入院することになった。

そこまでされては、ボスであるひーくんも、もう黙ってない。




即座にみんなを集め、街を南から攻めて『羅刹』を探す。

北の方へ追いやり、逃げ場をなくしていくつもりなのだ。




もうおとなしく節南さんを探すのは辞めだ。

こちらも全勢力をもって、ひたすら『羅刹』を潰す。



今までは節南さんを探すことを目当てにしていたけど、今日からは違う。『羅刹』に関わる人間は全て殲滅するらしい。





淡々と命令を下したひーくんのグリーンアイには表情がなかった。

顎をやや上にあげて偉そうな態度を取る彼は、機嫌が悪い。


心の底に泥のように積もり固まっているいきどおりを切に感じ取ってしまって、私でさえそばにいるのがちょっと怖い。



けど、彼の力強い腕は迷いなく私の肩に回され、隣に寄り添う事を強要してきた。





拒もうものなら昔みたいにどこかに閉じ込められそう、なんて思う雰囲気に言葉を失った私は口を堅く閉ざす。




0
  • しおりをはさむ
  • 197
  • 3284
/ 431ページ
このページを編集する