Help Ⅳ(完)





心中で自分自身を怒って自制しながら、スマホを確認する。

電話帳には「節南」の名前しか入っていなかった。




当たり前か。






はぁ。つまり、スマホを貰ったところで節南さん以外の誰にも連絡は取れないから、彼もあっけなくスマホを寄越してくれたというわけか。

あいにく、私は「ユラ」で登録する電話番号だけは暗記しているから、連絡しようと思えばできるんだけど。





なぁんて思いながらその番号を2秒で入力する。

通話ボタンに親指を近づけたその時。クッとお腹に力を込めた。






本当に、電話するの?


きっと"ユラ"くんはすぐに来てくれる。心配して怒りながらもすぐに助けてくれる。


でも、それで良いの……?











──────やめた。




私は入力した番号を削除して、スマホををポイッと手放す。



0
  • しおりをはさむ
  • 197
  • 3311
/ 431ページ
このページを編集する