Help Ⅳ(完)

第十六幕:裏切りの涙 /裏切りの一手








「お願い、嫌いになって……?」








流れた涙の数だけ強くなれるなんて、絶対にありえない。

泣けば泣くほど悲しくて、すがりつきたくてたまらなくなる。

泣いても泣いても感情はなくならないし、ケジメもつけられない。



どうしようもなく苦しくて、今すぐ息を止めたくなる。






無言で節南さんの車に乗り込んだ私は、世界で1番不幸だと錯覚するほど、現実を受け入れたくなかった……────。






0
  • しおりをはさむ
  • 197
  • 3317
/ 431ページ
このページを編集する