Help Ⅴ(完)

終章






ねぇ、ひーくん





好きよ。大好きなのよ




あなたと2人なら
セカイを終えても良い



本気でそう思うほど大好き





だから、あなたが望むなら

ずっとそばで、あなたが良いような
そんな私で在り続ける




それはあの日……

人形のように惰性で生きた私の世界に

初めてあなたが現れたその日から

ずっとずっと、心に決めていたこと






だから、泣かないで


苦しみも悲しみもぜんぶ

私にぶつけてよ







ずぅっと私に

笑いかけてくれたあなたが

今苦しいのなら



私はいまあなたに

手を伸ばし続けたいって




そう思うから





0
  • しおりをはさむ
  • 315
  • 3311
/ 420ページ
このページを編集する