愛の手 【完】

第一幕 /傷だらけの手。




夜のネオンがチカチカとまぶしい。


見たくもなくてよけたいのに、体はいうことをきかずに動かない。




体が鉛のようだ。





口の中からは血の味がしてたのに、それすらも感じなくなってきた。



顔や手、首、足――…



あたしをつくる全てが痛みを通り越して、感覚が麻痺する。






あたし、このまま死ぬのかな。





死ぬって――…






こんなにも呆気ないモノなの?

  • しおりをはさむ
  • 831
  • 484
/ 328ページ
このページを編集する