愛の手 【完】

第一幕 /あなたの手、あたしの手。




――…キーン、コーン、カーン、コーン



あたりに授業終了の合図が響いた。



あたしはいま…

幸せの絶頂にいる。




「愛理ちゃん、お昼一緒に食べない?」

隣の席の子、春香(はるか)ちゃん。


あたしは毎日のように春香ちゃんとお昼を食べてる。


席が隣だし、行動をともにしやすいのもあるかもしれない。



なによりあたしのことを、好奇の目で見ない。

“お嬢様”なんて思われても、普通の友達として接してくれる。



女の子にも、こんなイイコがいるなんて…っ!!




「ごめん、今日はちょっと用事があるんだ」

「そうなんだ、残念。いってらっしゃーい」



そう。

あたしは今日は、用事があるんだ。



ごめんね、春香ちゃん。

  • しおりをはさむ
  • 831
  • 484
/ 328ページ
このページを編集する