珈琲喫茶 〜終焉館〜

心残り



気づくと、それは待っていたと言わんばかりにその場に佇んでいた。


赤煉瓦造りのこじんまりとした、童話に良く出てくるよ
うな小さな建物。


どんな建物なのか、中はどういったものなのか、店なの
か家なのかも分からない、街の外れの一角にひっそりと
建つ謎な建物。



こんなところに、こんな建物あったっけ?



どんな建物なのか分からず、少しの間凝視する。



「あっ……」


すると、どこからかコーヒーの淹れる芳醇な香りが漂っ
てきた。




  • しおりをはさむ
  • 0
  • 77
/ 50ページ
このページを編集する