ゾンビ学園~ぼくらの小学校にゾンビが攻めてきた~

第四章 計画 /テレビ

うさ子は松林に一生懸命ことの次第を説明しようしたが、いくら言っても半信半疑だった。

「もう、わかんない人だね」

「うさ子、この部屋テレビが置いてあるよ。なんかやってるんじゃない?」

美雪の言葉に従ってうさ子は戸棚の上に置いてある小型テレビのスイッチを入れた。
 
映し出された光景は、病院らしい建物の前でリポートしている男性アナウンサーの姿だった。

「……で起こったバイオテロ事件の被害者の多くが収容されているのがここ山神中央病院です。そして被害者の数名が失そうしたのもこの病院からです。

この事件に使われた細菌兵器の調査に当たっている研究チームの発表によると、失踪した被害者は脳神経系に病菌が及ぶことにより狂暴性を有しているそうです。
 
そして感染ルートとしては感染者の体液が、他の人間の血液中に混じることによって新たな感染者を発症させるということです。
 
つまり、これは……感染者に噛まれるなどすると、噛まれた者も感染すると言うことですね。
おそらく。
 
(アナウンサーにスタッフから原稿が手渡される)

……え? はい、わかりました。新たな情報が入りましたのでお伝えします。
 
えー、なんと我々は、包囲網内のビルに立て籠もっている某氏によって撮影された町の映像を、インターネットを通じて入手することに成功いたしました。

もちろんこれは世界初公開の映像です。ではさっそくどうぞ」

  • しおりをはさむ
  • 10
  • 0
/ 164ページ
このページを編集する