綺さんの作品一覧

そこの上司は私のものだ。

6ページ(連載中) 2946字 更新日 2019/07/07 読者 45人 公開

モテモテで最高に仕事のできる藤城主任に、唯一容赦ない新人社員の谷なつき。そんな2人には人には決して言えない秘密がある。

嘘つきごっこ

19ページ(連載中) 8725字 更新日 2019/07/12 読者 52人 公開

私はあなたが愛おしそうに呼ぶ『レイ』という女の子に、私はずっとずっとなりたかった。

曖昧に笑って、そして、

13ページ(連載中) 4180字 更新日 2017/08/15 読者 1261人 公開

君の弱いところに惹かれた。儚い美しさを自分だけのものにしたかった。

ねぇ、好き?

9ページ(連載中) 4154字 更新日 2017/06/29 読者 2142人 公開

バンドマンの椿(ツバキ)と付き合って、もうすぐ3年になる。彼女だよね、私。どうしてそんなに冷たいの?……ねぇ、ほんとに好き?

白雨。

14ページ(連載中) 6230字 更新日 2016/04/22 読者 1043人 公開

あの日の一時の雨で、ボクらの世界は180℃変わった。夜を統べる黎と、突然現れた祐。染めて染められる、一種の愛の話。

誰にも渡さない。

14ページ(連載中) 6087字 更新日 2016/05/25 読者 4313人 公開

血の繋がらない兄妹、蛍(ケイ)と珠洲(スズ)。ある事件によって、いつも私を異常なほど愛してくれる兄との壁がーーー崩れた。

終わりにしたい恋がある。

5ページ(連載中) 1890字 更新日 2015/11/15 読者 2593人 公開

普段は友だち、デートのときは恋人。付き合ってないけれど無関係でもない。そんな曖昧な関係は、もう終わりにしなきゃいけない。

狐の気紛れ。

7ページ(連載中) 3055字 更新日 2016/07/14 読者 262人 公開

妖狐の烈と大商人の娘であるいづな。烈の元へと足繁く通ういづなだったが、二人が会える最後の刻は静かに迫っていた。

イン・ザ・メルティ・チョコレート

33ページ(連載中) 10852字 更新日 2017/07/14 読者 7301人 公開

チョコ嫌いで有名な先輩は、私、ミナミが恋するハルキ先輩。「もし私のチョコを食べてくれたら、ただの告白より特別な感じしない…⁉︎」さあ、先輩と私の戦い、スタート!

君と過ごした『7』の日々。

24ページ(連載中) 8580字 更新日 2016/05/15 読者 10619人 公開

7年前に別れた彼氏が忘れられない雨唯(ウイ)。大学卒業を7日後に控えたある日、なんとその彼と思わぬ形で再会。けれど彼は……。

縋るように恋をして。[完]

39ページ(完結) 13009字 更新日 2015/10/26 読者 7188人 公開

“偽りの姿でもいいから、ただ側に居てくれたらそれでいい。”そう願う僕と、何も言わずに側にいる彼女。僕の気持ちが本当に彼女に伝わる日は、きっと永遠に来ない。

水曜日のリカさん。[完]

98ページ(完結) 34228字 更新日 2017/07/16 読者 120190人 公開

双子の姉のリカの代わりに、私は唯一水曜日だけあなたの隣にいる権利を得た。身代わりでもよかった。ただ、好きだった。

酷く、甘く。[完]

58ページ(完結) 19631字 更新日 2017/11/28 読者 48410人 公開

この学校の“王様”と呼ばれる美しい彼には、全てを捧げた少女がいる。ーーー彼は本当に王様かな?

今宵、君を誘拐する。

34ページ(連載中) 12741字 更新日 2016/06/13 読者 15484人 公開

誘拐犯に、恋をした。落ちるのは一瞬の恋だった。……私が誘拐された、たった二日間の話。

-196℃の恋。[完]

145ページ(完結) 57508字 更新日 2019/01/13 読者 300612人 公開

冷たくて美しくて、そんな先生から目が離せなくて。どこまであたしを落とせば、あなたは気が済むの。

-196℃の恋。*after*

111ページ(連載中) 38280字 更新日 2016/08/12 読者 63848人 公開

人を愛するのは難しい。幸せで、温かくて……冷たくて、切ない。

もっと上手に私を愛して。[完]

50ページ(完結) 24606字 更新日 2015/10/22 読者 61302人 公開

彼の愛は歪で、狂気的で、危険で……けれど誰よりも甘美。私はきっと、逃げられない。

きっと上手に君を愛する。

15ページ(連載中) 7084字 更新日 2016/05/25 読者 3852人 ファン限定公開

『もっと上手に私を愛して。』スピンオフ。それぞれのキャラクターの過去や本編の別サイドストーリー。

大嫌いな好きな人。

15ページ(連載中) 7555字 更新日 2016/05/17 読者 3482人 公開

好きな男のタイプと真逆の男が上司になった。けれど本当の彼は、どストライクの男だった。

そして二人は君を愛した。[完]

24ページ(完結) 9480字 更新日 2014/08/09 読者 6261人 公開

夏の夕立が、世界と私たちを切り離す。雨が上がったとき、私は何を知るのだろう。

龍と蝶々ー探求の章ー[完]

200ページ(完結) 62546字 更新日 2016/06/19 読者 114390人 パスワードつき公開

貴方のために、私は総長になった。貴方のために、私は今度は、貴方のそばで、貴方を全力で愛すーーー。

龍と蝶々ー決別の章ー

82ページ(連載中) 26534字 更新日 2016/06/19 読者 23378人 パスワードつき公開

過去と、弱さと、決別しようか

龍や蝶々

25ページ(完結) 4707字 更新日 2016/03/09 読者 9388人 パスワードつき公開

龍と蝶々番外編

龍と黒猫

26ページ(連載中) 5890字 更新日 2019/05/29 読者 1911人 パスワードつき公開

伝説の世代と呼ばれる13代目龍牙の子どもたちが集まった21代目龍牙は、運命の世代と呼ばれた。そしてもう一つ。因縁の京谷の子どもとも、対峙することとなる。

僕の彼女は笑わない。[完]

58ページ(完結) 11898字 更新日 2015/02/10 読者 59399人 公開

無表情系彼女に恋してる。それはもう、全力で、ね。

禁断に禁断を重ねて。[期間限定公開]

9ページ(連載中) 2681字 更新日 2016/07/14 読者 5151人 公開

好きだから仕方ない。

スクエアラブ。

50ページ(連載中) 11621字 更新日 2018/06/25 読者 316人 公開

とある大学寮で出会った四人。切なくて愛おしくて、そしてーーー…すれ違う。それは運命の恋の始まりだった。

死んでしまえばよかった。

19ページ(連載中) 6621字 更新日 2017/08/15 読者 1323人 公開

彼は人の顔と名前を覚えられない病を抱えている。だから彼は誰のことも愛さない。ーーー愛せない。

無防備なきみ。

19ページ(連載中) 6553字 更新日 2016/11/24 読者 1559人 公開

俺様でドSな長谷川くんに、振り回されそうで振り回されない、逆に振り回しちゃうちょこっとおバカな浅倉さんのお話。

ただ、『好き』と叫べない人に恋をした。[完]

4ページ(完結) 1302字 更新日 2014/04/15 読者 6455人 公開

あなたはどんな恋をしていますか?あたしは………

愛おしさの狭間で。[完]

5ページ(完結) 1899字 更新日 2014/05/01 読者 10076人 公開

「瞳、」そうあなたが呼ぶ声だけで、私は生きていける。

このページを編集する