ウ タ カ タ .

すべてのはじまり /幸せの時間











私には優しいお母さんとお父さんが居た



私は世間一般で言う

”隠し子”





私はお母さんとお父さんの間に

本来ならば居ない存在


ううん


居てはいけない存在。




だけど、

よくある小説みたいに

隠し子だからって愛されてない

なんて、感じたことは一度も無かった。








0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 20
/ 297ページ
このページを編集する