ウ タ カ タ .









『あんたっていつも無表情よね?ん〜こんなんで売れるのかしら?ふふっ。まぁ、カラダだけは良さそうだから、一文無しよね?ふふっ』




『……』



『あ、そういえばあんたさ、自分が何歳かわかってる?』



『…』



『ふふっ。あんたは今日で14歳。中学2年生。だからね?ふふっ。”自由”よ?』




何言ってるか、わからないや



お母さん、わたし、”自由”になるんだって



『ふふっ。まぁ…あんたには、自由の代償に、”カラダ”で働いてもらうけどね?ふふふっ』




お父さん、わからないよ



わからないの




自由の代償だって




なんだろう、それ






わからないよ







0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 20
/ 297ページ
このページを編集する