ウ タ カ タ .








彼の瞼にそっと手を触れた




彼はフッと優しく笑った






『ん〜、とりあえず…拉致るか。』


彼は、少し楽しそうに笑った

その笑顔は、嫌いじゃなかった






0
  • しおりをはさむ
  • 3
  • 20
/ 297ページ
このページを編集する