イノセントカプセル

迷宮 /1

パートのおばちゃんたちの談笑が響く休憩室。
 陽太はコンビニのパンをかじりながら考え事をしていた。机の上には美月が書いたメモ用紙が置かれている。
「今度はなーに悩んでるの? 」と佳保が元気いっぱいの声でやって来る。彼女は机に弁当を置き、陽太と向かい合って座った。
「えっ……いや、別に」と返す陽太。
「別にって顔じゃないよ。まあ、最近ずっと困り顔だけどね」
 佳保は弁当箱を包んでいたバンダナの結び目を解いて、その上に二段重ねの弁当をばらして広げた。ほうれん草やブロッコリー、ミニトマトなどの野菜と定番のだし巻き卵、ウィンナーにミートボールといった種類が豊富なおかずが可愛く並べられている。
 陽太すっかりそれに目を奪われてしまった。本日の陽太と美月の朝食はトーストとゆで卵のみ。美月への昼食として置いてきたのは買いだめしていたカップ麺だった。
「やっぱり、食事はちゃんとしないとダメですよね……」
「どうしたの、急に? 」
「浅沼さん、料理上手くていいですね」と頬杖をつく陽太。
「そ、そんなことないよ。凝ったものなんて作れないし、冷凍ものばっかだし」
 そう言いながら佳保は照れくさそうに頬を赤らめた。
 再びメモ用紙に目線を落とす陽太。今日はここに書いてあるものを買って帰らなければならない。しかし、いくつか困っていることがあった。
 洋服や靴、生活雑貨を買うのは問題ない。ただ、下着と生理用品に関しては男として簡単に手が出せない部分である。百歩譲って生理用品は妻に頼まれているという言い訳ができる。だが下着はそう簡単にいかない。変態だと思われるのが落ちである。
 目の前で佳保がミニトマトをパクりと口に入れた。
「浅沼さん……」
「なに? 」
「今日、仕事終わってから用事ありますか? 」
 陽太の言葉に驚いた佳保はご飯が気管に入りそうになりケホケホとむせた。
 手でちょっと待ってと合図をし、胸元を叩く佳保。
「大丈夫ですか? 」
 二回頷いたあと、深呼吸する。そして真っ赤な顔になった佳保は陽太に「何で? 」と尋ねた。
「あのー、買い物をですね、手伝ってもらいたくて……」
 陽太は頭の中で色んな言葉を探しながらたどたどしく喋る。
「か、買い物を手伝うの? 」佳保もまた動揺を隠しきれずにいる。
「はい。えーっと……その……」
 美月のことは言えない陽太。先走って話しかけたことを後悔しながら説得力のありそうな嘘という名のエピソードを考える。
「どうかしたの? 」
「あの……ですね。い、いとこが今うちに来てて……その、女の子なんですけど、家出してきたみたいで……着替えが全くなくて、下着とかも買いに行かないとで……」
「その子の家の人には言ったの? 心配してるんじゃない」
 まさかの佳保の変化球に焦る陽太。
「え? あー、連絡してあります。こ、高校生なんですけど、今夏休みだから……夏休みが終わるまでうちで過ごすってことになって。ちっちゃいときから仲良しだから……はは」
「そうなんだ。結構長い間居るのね」佳保は真剣に話を聞いている。
「だから、服とか下着を買いに行かないとで……」
「え? それで私が買い物手伝うの? 」
「ダメですか? 」
「ダメっていうか、邪魔じゃない? せっかく仲良しいとこなのに」
 言葉を失い立ち尽くす陽太。説明不足なことに気付きパンを掴んでいる手にじんわり汗をかく。
「……こないです」
「はい? 」
「いとこは、制服で家出してきたので、その格好では外に出られなくて、校則が厳しいから……」
 全くの嘘だが陽太は傑作だと思った。もしかしたら自分には脚本家としての才能があるのではないかと内心自画自賛していた。
「そうなんだ。だったら困るよね」
「下着とか、オレには無理で……」
「いいよ」困る陽太とは正反対の弾んだ声で佳保は答えた。
「すぐ必要なんだもんね。じゃ、今日仕事終わってからね」
 その言葉に胸をなで下ろした陽太。なので佳保の照れ笑いに気付くことはなかった。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 66ページ
このページを編集する