イノセントカプセル

迷宮 /2

 たくさんの荷物を抱えて着たくした陽太。玄関の鍵は閉まっていた。それはアパートのドアが開けっ放しだったことをうけ陽太が美月に注意してあったからだ。どんなにセキュリティー万全のマンションでも、今時都会で鍵をかけないものはいない。陽太はポケットから鍵を取り出し、自分でロックを解除した。
 玄関にドサッと紙袋の集団を置く。部屋の中は真っ暗だった。
「美月、ただいまー」
 久しぶりの挨拶が胸をくすぐる。
 しかし美月からの返答はない。陽太は急いで靴を脱ぎ、大量の荷物をまだいでリビングの電気を付けた。
「美月? 」
 驚いた様子で振り返る美月。足を抱えて座布団の上に座っていた。
「電気、付けたらよかったのに」安心する陽太。
「電気、解らなくて」
「そっか」陽太は美月に電気のスイッチの場所を教えていなかった。しかし、探せば解りそうである。ホテルだって、いちいち従業員がスイッチの場所を説明したりしない。陽太は美月の言動がずっと気になっていた。
 あのアパートでの生活の中で、何かがあったのだろうか? 
「部屋の電気はここだよ」と陽太は指をさして教えた。こくりと頷く美月。
「昼飯は食べた? 」
「ラーメン、食べたよ」
「良かった。でも、ごめんなカップ麺で。明日は……あ、食いもん買ってくるの忘れた……」
 やってしまったというばかりに座り込む陽太。
「いいよ」美月が呟く。「ラーメン好きだから」と続けた。
「でも、栄養が偏るから後でコンビニ行くよ」
 そう言って立ち上がった陽太は、玄関から大量の紙袋を持ってきた。そして中のものを全部出していく。
「美月、手伝って」
 駆け寄った美月は陽太が出したものをキレイに並べ始めた。
「とりあえず、これとこれとこれ。 脱衣所で着替えてきて」
 陽太は美月に部屋着と下着を手渡した。
 美月が着替えをしている間、陽太は服のタグを外したり、小物をビニールから出したりと、すぐにものを使える状態にした。
 やがて着替えを終えた美月が現れる。
 タオル地で作られた半袖短パンのセットアップはパフスリーブでカボチャパンツ、色は勿論水色で飾りボタンやフリルがたくさん付いている女の子らしいアイテムだった。
「……サイズ、いい感じ? 」
 可愛らしくなった美月に少し鼻の下がのびる陽太。美月は黙って頷いた。
「あ、これ、リストバンドの代わり」そう言って陽太はシュシュを差し出す。
 美月は受け取ったシュシュを早速手首にはめた。洋服とのバランスも良い感じである。
 床に散乱したものを眺めながら美月は陽太の隣に座った。
「これ全部美月のものだよ。会社の先輩が女性が使うものを選んでくれたんだ」
 歯ブラシ、コップ、コーム、ヘアゴム、シェーバー、手鏡、ポーチ、ハンドタオル、ハンドクリーム、リップ、化粧水、乳液、ヘアスプレー等々、衣類以外にもたくさんのものを購入した。佳保が選んだオシャレなものと陽太が百円ショップで買った色気のないものが入り乱れる。
「靴は玄関に置いてきたから後で見て。サンダルとスニーカーとヒールのやつがあるから」
「そんな、たくさん? 」美月が申し訳なさそうに言った。
「セールだったからたくさん買えたんだ。バッグもあるぞ」
 斜めがけのバッグを陽太は美月の肩に掛けた。財布やハンカチを持ち歩くのに丁度いい大きさのバッグを手に取り、じっと眺める美月。
「みんな青だね」
「あー、美月が青が好きって言ってたから。なんていうか季節的に水色系が集まっちゃったんだよな」
「キレイ……」
 長い前髪の向こうで美月の目が輝いている。陽太はそれを微笑ましく見ていた。
「美月、明日美容院行こうか」
「髪、切るの? 」
「前髪長すぎるし、毛先だってそろえてもらった方がいいだろ。嫌か? 」
 髪は女の命だとかいう古くさい言葉が陽太の頭に浮かぶ。
「嫌じゃない。久しぶり」そう言って、美月は自分の長い髪に触れる。
「じゃ、後で予約入れておく」
 陽太がポケットからスマホを取りだそうとしたとき、キュルキュルっとお腹の鳴る音がした。美月が無言で頬を赤らめている。
「……飯、買ってくるか」と笑う陽太。
「ラーメンでいいよ」
「いや、米食ったほうがいいっって」と立ち上がる陽太。
 すると美月は陽太のズボンの裾を引っ張った。
「私も……」
 俯いている美月に、陽太はそっと手を差し出す。
「近くだから一緒に行こう」
 陽太は美月の手を握って引き上げる。昨日、彼女をあのアパートから連れ出したときのように。まだ一日しか経ってないのに随分と昔のことのように思えた。
 美月は買ったばかりのバッグを肩からぶら下げると、真っ直ぐ玄関に向かった。紙袋の中からサンダルを取り出し、指でそれに唾をつける。
「あ、懐かしい」ポツリと呟く陽太。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 66ページ
このページを編集する