イノセントカプセル

追憶 /3

 陽太は仕事の合間にスマートフォンを眺める時間が増え、家ではパソコンに向かっている。陽太が調べごとをしている最中、美月はポータブルオーディオで音楽を聴いていた。
 気付けば九月、夏休みの時期が終わり、もうすぐ季節は秋がやってくる。美月の秋物の服は近くのファストブランドショップから陽太が適当に買ってきた。陽太が選んだ服に喜ぶ美月だったが、まだ暑い日が続きなかなか袖を通せない。
 インターネットで深青園を検索したが、引っかかるものはまるでなかった。
 養護施設のサイトなどに片っ端からアクセスするも、手がかりは得られず、美月が記憶していた園長夫妻の名前、深川洋三と民子についても検索していた。しかしそちらもヒットするものはなかった。
 昔世話にになった人を探すにはどうしたらよいかを佳保に相談したが、今は個人情報が固く守られているため探すのは困難と言われた。
「あの人に会いたいみたいな番組にでも応募するか~」とパソコンを前に独り言を呟く陽太。
「それで見つかるっかな? 」と後ろから美月の声がして、陽太は驚き、慌て振り返った。
 美月は手にポータブルオーディオを持って立っていた。毎年寒い季節がくるまで、部屋のドアは常に開けてあるのだ。
「どうした? 」
「音が出なくなっちゃって」
「ああ、充電が切れたんだよ。貸して」
 陽太は美月からポータブルオーディオを受け取ると専用の充電器に差し込んだ。
「園長先生たち、まだ見つからないの? 」
「うん。結構頑張って色々当たってみたんだけど難しいな」
 イスをクルクル回転させながらため息をつく陽太。
「諦める? 」残念そうな目をする美月。
「それはしない! なんとか方法を考えてみるよ。深青園で覚えてる人が園長と副園長ってだけなのが厳しいんだよな。他に誰か……」
 陽太は何かを思い出したかのように目を見開いて固まった。
「陽太くん? 」
「美月……、力くんの名字って覚えてるか?! 」陽太は立ち上がって美月の肩を掴んだ。
「力くんは……覚えてない」
 陽太は「だよな」と言って、全身から気が抜けるような大きなため息をついた。
「ごめんなさい」
「いや、それが当たり前なんだよ。オレなんて中学の同級生の名前も忘れてるし」
「そうなの? 」
「そうそう、だから同窓会の案内をSNSで知ったりして」
 ニックネームの方が良く覚えてたなと陽太は当時を回想した。
「力くんをSNSで探すことは出来ないの? 」
 美月のこの一言が陽太の目の輝きを変えた。
「それだ……それだよ……それだよ! 」
 陽太の急な大声に驚く美月。陽太はそんな美月の手を強く握った。
「探しにいくだけじゃなくて、探して貰えばいいんだ」
 再びパソコンの前に向かい、とあるSNSの新規アカウント作成ページを開く陽太。
 カチャカチャと音をたて、踊るように陽太の指がタイピングする。美月はそれを横から覗いていた。
 『アカウント名 陽太ひなた美月みづき
  自己紹介 養護施設、深青園の陽太と美月です。同じ養護施設にいた力くんを探しています。
  園長の深川洋三さん、副園長の民子さんも探しています。お心当たりのある方はご連絡下さい』
 陽太はこれに似た文章をSNSの他、交流サイト、掲示板とありとあらゆる所へ記載した。
 そして連絡が来るのを祈り続けること約一週間。スマートフォンにある通知が舞い降りた。

0
  • しおりをはさむ
  • 1
  • 1
/ 66ページ
このページを編集する